君の中の風俗

君の中で最高の風俗はなんですか?

舐めるのもプレイに重要な要素です

投稿日:2016年5月14日

部屋に入って来た時のデリヘル嬢のファーストインプレッションは、一言で言わせてもらえば、『当たり前田のクラッカー』です。ちなみにこれは1960年代のギャグです。ついつい不毛だと思いながらプロフの写真と実物を比べてしまうのですけど、ほぼ実物通りですよ。まあデリヘルこそネットの写真しか判断材料がないので、しっかりとした写真を載せてほしいのですけど、顔バレが怖いのも一理ありますからね。可愛いというよりも綺麗系になりますね。フリーだったのですけど、こんな女の子がフリーで来てくれることに驚きですけど、今はもうそんな時代に入っていて、女の子の供給のほうが多くなっているということで嬉しい時代になりました。そんな女の子のおまんこ臭をたっぷり嗅がせてもらって、卒倒するくらいの臭さにくらくらになりながらも、鼻を曲げながらクンニも完璧にしました。おまんこ臭大好きなのですよ。女の子はもれなく嫌がりますけどね。まあここは臭うところではなくて入れるところなのですけど、デリヘルは指入れくらいしかできませんから、必然的に舐めるのもプレイの一つなのです。

攻め上手と床上手の戦いです

今回は攻め上手の女の子です。私も昔から、「床上手」なんて言われていて、ベッドの上の魔術師なんて言葉もどこかで聞いたこともあるくらいのテクニシャンなのですけど、ディープキッスしていても、おっぱい乳首を攻めて女の子をアへアへにして攻めていても、デリヘル嬢もちんこをいじりながら攻め続けてきます。それでもけっこう感じてくれているので、おまんこクンニまではこぎつけたものの、そこから体勢を入れ替えられて、シックスナインの体勢になり、結局南極、主導権を奪われて、ものすごく気持ちのいいベロをふんだんに使ったねっとりフェラチオにガマンできずにその体勢のまま1回目の精液を女の子の口内に発射しました。ぴゅっと飛んだ感じがしのですが、それがどうやらノドちんこに当たったらしくてひどくむせていました。口内発射も気をつけなくてはいけませんね。ということで、内容としては五分五分ですけど、女の子に言わせると、逝かせたのだから私の勝ち、なんて譲ることをしらないデリヘル嬢ですよ。